脱毛前後に日焼けがダメな理由

脱毛しツルツルの肌に、小麦色にこんがりと日焼けした肌。アクティブな女性なら、とても憧れますよね。しかし、脱毛と日焼けを同時に行うのはとてもリスクが高く、その後まで肌トラブルに悩まされる。なんて事にもなり兼ねません。今からお話しする、何故脱毛前後に日焼けがダメなのかをしっかりと理解し、肌トラブルのないステキな肌を手に入れましょう。

 

まず、一般的にレーザー脱毛や光脱毛などでの脱毛になるのですが、やはり肌には少なからずの刺激を与えている事になります。脱毛直後の毛穴が開き刺激を受けた肌には、日焼けする事によるダメージは想像以上に大きいのです。

 

日焼けは、軽い火傷と同じですので肌の水分が失われ極度の乾燥状態となります。脱毛による刺激と日焼けによる乾燥。この2つがほぼ同時に行われるのですから、肌にとってデメリットでしかないのです。同じ原理で日焼け直後の脱毛も、避けるべき事です。

 

肌に対するダメージはもとより、日焼けし軽い火傷状態となった肌にレーザーなどを与えてしまうと、強い痛みを伴う場合があるのです。元々、脱毛には多少の痛みは伴うものですが、その前に日焼けによる痛みが残ったままであれば、その痛みが増す事は容易に想像がつくでしょう。

 

そして痛みや刺激に対して肌のバリア機能が異常に反応し、メラニン色素の活性化を引き起こしてしまう可能性があります。後々、シミやソバカスが一気に出来てしまった、と言う事にもなり兼ねません。

 

肌をキレイに見せようと脱毛や日焼けを行うのは、とても良いことだと思います。しかし、きちんと肌のメカニズムや肌に対するリスクを考えて行わないと、後々後悔する事になる…。と言う事を忘れずに、施術を受けた方が良いと思われます。

価格はいくら? アフターサービスはあるの?

▼   ▼   ▼

シースリーの魅力を大公開中!